あなたはものを「噛む」時にどの位のちからが必要かご存知ですか?

 「噛む」という運動の原理は、ハサミで紙を切る運動に似ています。頚椎(けいつい)という支点を使い、テコの原理を使ってものを噛みます。
また「噛む」という動作は、頭を起こす動作でもあります。仮に頭の重さが約10㎏とした場合、下顎(したあご)をあげるちからが約30㎏、その時に頭全体を支えるちからが約180㎏必要となります。そして、その合計約220㎏ものちからが「噛む」運動の支点である頚椎(けいつい)にかかってくるのです。

続きを読む

では、そのバランスはどこで保っているのでしょうか?

 実は耳です。耳の奥にバランスを取る器官があるのです。耳の近くには神経が複雑に集まっていて、ここが壊れると自律神経が壊れ、いろいろな病状を引き起こします。
 かみ合わせは関節とも言えるのです。かみ合わせが悪いということは、関節がズレているということです。たとえば、あなたの腕の関節がズレているとしたら、すぐ病院へ行くはずです。
 かみ合わせが悪いということも、早急に治さなければならない病気のひとつなのです。

続きを読む

shiseikougousubtitle.gif